人材を見極めながら採用したい

正社員あるいは契約社員として雇用することを前提に、派遣スタッフを一定期間受け入れ、派遣期間の終了時に、派遣先の企業と派遣スタッフの合意がある時に雇用(人材紹介)が成立します。企業にとっては、派遣期間中に本人の能力や適正を見極められるので、社員採用における労力・時間・コストが削減できます。

派遣期間については、6ヶ月以内の任意の期間で決めることができ、派遣と人材紹介で区分され、それぞれの段階において、派遣・人材紹介の定めが適用されます。

2004年派遣法の規制緩和以降、紹介予定派遣の利用者は増え続けており、新たな採用手段として注目を集めています。
人材を見極めながら採用したい

導入メリット

採用実務の軽減

お客様のご要望に沿う、優秀な人材を迅速に人選しますので、採用にかかる労力・時間を軽減することができます。
社員の通年採用に対応でき、より柔軟な人員配置ができます。

精度の高い社員採用が可能

最長6ヶ月までの派遣契約期間内に労働者の適性や能力を見極めることができるため、より確実な社員採用が可能になります。

コストの削減

募集広告など採用にかかるコストを削減することができます。

紹介予定派遣の流れ

step1 紹介予定派遣のご依頼
職務内容、派遣期間等をお伺いします。
step2 スタッフの人選
業務内容に合った人材を人選します。
step3 紹介予定派遣契約締結
派遣期間は最長6ヶ月間までです。(派遣料金・紹介手数料などの契約)
step4 派遣スタート
この期間に、実務を通して職場適正等を確認することができます。
(派遣スタッフは当社と雇用契約)
step5 双方の意思認識
  • 派遣期間終了前に双方の意思確認を行います。
  • 双方合意の場合、職業紹介を行います。書面で採用条件を通知ください。
  • どちらかが合意に至らない場合、派遣期間を持って終了となります。
  • 原則として派遣の延長は行いません。
step6 入社

派遣期間終了後、正社員採用となります。(試用期間は設けられません)

派遣先企業とスタッフの双方合意があった場合は正式に採用となり、その際一定の紹介手数料を頂いております。
わかりやすい料金体系
お問い合わせ